OANDAにクレームの嵐

OANDAにクレームの嵐OANDAにクレームの嵐

最近、OANDAがWikiFXのブラックリストに追加され、多くのクレームが報告されております。昨年9月、OANDAは、規制の強化により、アジアの一部地域と市場から撤退すると発表し、昨年11月に該当地域の顧客アカウントを閉鎖し、一定期間後に出金手続きが可能となります。To get more news about OANDA, you can visit wikifx.com official website.
【WikiFX】.jpg
  しかし、一部のユーザーからアカウントが閉鎖された後、今年3月にOANDAのカスタマーサポートから連絡が入り、銀行口座などの情報を提供した後に、連絡が取れなくなったと報告がありました。
【WikiFX】.jpg
  OANDAは1996年に設立され、日本のFSA、英国のFCAや米国のNFAを含む6つの機関によって監督され、世界でも数少ない大規模ブローカーの1つであります。
【WikiFX】.jpg
  OANDAのライセンスは「オフショア」状態になりますが、WikiFXでは、「深刻なスリッページ」、「カスタマーサービス態度の悪さ」など、多数の苦情を受けております。さらに、OANDAの取引ソフトを開くと、ネットワークのフリーズ、インターネット接続エラーなど度々発生することがわかります。
【WikiFX】.jpg
  現在WikiFXにおいてOANDAのスコアは2.52点になります。トレーダーの皆様には、OANDAのカスタマーサービスに引き出しを完了するように促す必要があり、手続きができない場合法的手段を取る必要もあると考えられます。
【WikiFX】.jpg
  Oandaの日本法人は日本の金融庁に登録してあり、いままでWikiFXでの真相公開の投稿については、日本の投資者からの投稿は見つかっていません。投稿されているものはいずれも海外居住の方からになります。また、Oanda(日本)社も公式ウェブサイトに、「フィッシングサイト」、「不正な口座開設の勧誘」について、注意喚起を行っています。


freeamfva

669 Blog posts

Comments